電化製品は電気代が掛かる

暖房器具は温度を上げるために電力が消費されるため、電気代が掛かってくる電化製品になります。冬の電化製品と言えばお部屋を暖めるための器具が定番となっており、多くの種類のものが販売されるようになりました。

その中でもオイルヒーターと呼ばれるものにつきましては、お部屋全体に暖かい空気が広がると言う事で最近話題になってきておりまして、多くの人がお使いになられています。

電気代の比較

オイルヒーターの電気代は、同じ時間に同じ温度を上げる事につきまして他の暖房器具と比較をしてしまいますと、少々オイルヒーターの方が高く感じてしまうかもしれませんが、換気の為に窓を開けてもう一度暖めなおすといったことをしないため、無駄な電気代を消費する事が少なくなっております。

換気の際に寒い思いをして一度部屋の空気を入れ替える必要がある場合は、もう一度暖めるという無駄なことをしないといけなくなります。

もう一度暖めるためには電気などを使いますので、同じ時間使っていたとしても上げる温度の量が変わってきますので、オイルヒーターに比べて電気代もその分高くなってきます。

オイルヒーターは換気不要

オイルヒーターは排気をしないような暖房器具となっております。容器の中のオイルを温めてその温まったオイルが循環して放熱されるような仕組みになっておりますので、何かを燃やすことにより出てきます二酸化炭素などが大量に出てくるわけでは御座いませんので、ずっとつけておりましても換気の必要は御座いません。

換気の必要がない分電気代がお得になってきます。換気が必要な暖房器具を使っている方で、空気を入れ替えない方がいらっしゃいますが、酸素の量が減ってしまい、ボーっとしやすくなったり酸欠の症状が出てしまう可能性が御座いますので大変危険となっており、更には酸素が足りない状態で燃やし続ける事により一酸化炭素が発生してしまい、より危険な状態になってきてしまうかもしれません。

オイルヒーターで御座いましたら、燃やしているわけでは御座いませんので、安心してお使いして頂く事が出来ます。

タイマーを使って電気代を節約

ユーレックスのオイルヒーターは、高性能なタイマーがついております。

こちらは温度の設定も出来るようなものになっており、設定温度を低めにしておいて良い時間帯は低くしておくことにより、暖める必要がなくなった場合はオイルヒーターが自動で消費電力を抑えますので、無駄な電気代をより減らす事が出来ますので、とても賢い暖房器具となっております。

▲ ページの一番上へ戻る ▲



株式会社エムロック 代表取締役 中道唱力オーナー兼会長 戸矢崎由里子